インフォメーション

0242-22-3340

2017.06.13

お知らせ

カルティエの傑作「タンク」

本日はカルティエのタンクシリーズについてご紹介致します。

1916年12月第一次世界大戦下のパリでルイ・カルティエは新しい腕時計のアイディアが閃き、スケッチに起こしました。

彼は角型時計の傑作タンクを戦車のフォルムから着想したのでした。

縦横の基本的な直線だけを残し、正方形をダイヤルベースとしながらも、両サイドのラインを少しだけ延長する。

その間にベルトを接合すればホーンと呼ばれるラグがケースの特別な突起物ではなくなり、デザインの一部となる。

 

 

タンクは今ではユニセックスのイメージが定着しましたが、もともとは紳士用として誕生しました。

女性用のモデルが活発に展開されたのは1970年代となってからです。

タンクの唯一の装飾性はリューズです。

そのトップ、カボションに宝石のサファイヤをセッティングするのはオリジナルから踏襲されてきた伝統的デザインです。

正方形を原型とするデザインとするため、そのラインを延長したバリエーションが可能なことも特徴であり、数多くのコレクションが制作されてきました。

こうしてタンクはカルティエの不滅のアイコンとなりました。

 

そんなタンクシリーズからレガーロではタンクルイカルティエをお勧め致します。

1922年にデザインされたレクタンギュラーのフラットな薄型モデルはルイ・カルティエ自身が愛用したと言われております。

のちに、「タンクルイカルティエ」と命名されました。

スタイリッシュな角型ドレスウォッチの歴史的傑作と表現しても過言ではありません。

「端が丸みを帯びたタンク」と定義されており、オリジナルに比べるとケースフォルムは柔らかく、優しさを感じられるデザインとなっております。

 

 

タンクルイカルティエ SM W1529856 中古Aランク

販売価格¥598,000- (定価¥966,600)

 

とってもエレガントな時計ですよね。

是非レガーロで実物をご覧くださいませ。ご来店お待ちしております。

 

また、福島県、会津、郡山、いわきでのカルティエのお買取りはマルコウにお任せ下さい。

全国より宅配買取りも承ります。

どうぞ宜しくお願い致します。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on Pinterest

カテゴリー

アーカイブ