インフォメーション

0242-22-3340

2017.08.09

お知らせ

唯一無二のムーンウォッチ

スピードマスターと宇宙探査の関わりが始まるのは、1962年からでした。

当時アメリカは、人間を地球周回軌道上に送り、安全に帰還させることを目的としたマーキュリー計画(1959~63年)を実施しました。

63年までに計6度の有人飛行計画を成功させました。

5度目となるマーキュリー・アトラス8号のミッションに参加したウォーリー・シラー宇宙飛行士が身に着けていた時計がスピードマスターでした。

これが、初め宇宙に進出したスピードマスターであり、オメガミュージアムの公式情報では1961年11月5日に工場を出荷したセカンドモデルであったとされています。

1964年マーキュリー計画の終了間際、宇宙飛行士たちは訓練及び飛行中に使用する時計を要請したといわれています。

マーキュリー計画の後継プロジェクトとして発足したNASAによる人類初の月への有人宇宙計画アポロ計画では、多くの時計メーカーに腕時計型クロノグラフの見積もりを依頼しました。

実際に参加したメーカーは4社(5社とも言われています)でした。

そのうちの1社がオメガであり、テスト用にスピードマスターを納品しました。

そして、スピードマスターは過酷なテストをクリアし、翌年65年からNASAの公式装備品となりました。

69年7月21日GMT2時56分スピードマスターはついに月に到達しました。

 

 

スピードマスターは、月へ行った世界初の腕時計=ムーンウォッチとして時計史にその名を刻みました。

70年のアポロ13号のミッションでは、酸素タンク爆発事故という危機に際し、手動でのエンジン噴射による軌道修正に必要な14秒をスピードマスターが正確に計測し、3名の宇宙飛行士を無事に帰還させるというエピソードが残っています。

現在も船外活動で使用を許可されているのは、スピードマスターのみとなっています。

 

偉業を成し遂げた伝説の時計、スピードマスターがレガーロにもございます。

 

 

オメガスピードマスタープロフェッショナル 3573.50

レガーロ販売価格 ¥378,000‐

バックスケルトンでムーヴの美しい動きを堪能することができます。

是非レガーロの店頭にてご覧ください。

 

マルコウではオメガをはじめ、ロレックス、パッテックフィリップ、タグホイヤー、IWC、ブライトリング、パネライ、フランクミューラー、ブルガリ、カルティエなどの高級時計を高価買取致します。

福島県、会津若松市、郡山、いわきでのブランド時計のお買取りはマルコウへお任せ下さい。

ご遠方のお客様は是非宅配買取りをご利用ください。

ラインでの査定も承ります。

販売店レガーロでは、オメガをはじめ、高級時計を多数お取り扱いしております。

 

お客様のご来店を心よりお待ちしております。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on Pinterest

カテゴリー

アーカイブ