インフォメーション

0242-22-3340

2017.08.07

お知らせ

?神様の悪戯?

昼間はエメラルドのようなグリーンの輝きを放ち、夜に蛍光灯や蝋燭の灯を当てると、

暗赤色になる変色効果を示すのがアレキサンドライトという宝石です。

多色性と言われる、角度によって色が変化しているように見える色石はありますが、

ガラリと色が変わる変色性とは異なります。

この変色性はアレキサンドライトとその他の一部の宝石にのみ起こる現象です。

 

鉱物学的には、キャッツアイと同じクリソベルに属します。

クリソベルの中でアレキサンドライトのみが変色性をもつのは、

内包される「酸化クロム」の影響です。

アレキサンドライトはグリーンとレッドの中間的な色のバランスを保持しています。

光線を吸収した際、酸化クロムの影響を受けて着色効果が現れます。

光の種類によって、グリーンが支配する場合とレッドが支配する場合があります。

その結果魔法のような現象を目の当たりにするこができるのです。

 

アレキサンドライトは硬度も8,5と貴石として申し分のない硬さを有しています。

産出量も少なく大変希少性のある宝石です。

現在はブラジルとスリランカがアレキサンドライトの主な産出国となっております。

 

その希少なアレキサンドライトがレガーロにもございます。

アレキサンドライトネックレス K18ホワイトゴールド

 

レガーロ販売価格 ¥69,800‐

 

是非レガーロの店頭にてご覧ください。

マルコウではアレキサンドライト以外にもエメラルド、ルビー、サファイヤ、翡翠、トパーズなどの色石もお買取りしております。

福島県、会津若松市、郡山、いわきでのお買取りはマルコウへお任せください。

ご遠方のお客様は是非宅配買取りをご利用ください。

ライン査定も承っております。

販売店レガーロではアレキサンドライト以外にも美しい宝石を多数販売しております。

 

お客様のご来店を心よりお待ちしております。

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on Pinterest

2017.08.05

お知らせ

HERMESのオレンジカラーについて・・・

エルメスの箱や包装紙は濃いオレンジ色ですよね。

しかし、以前は薄いベージュ色だったようです。

現在の色に変わった理由は、第二次世界大戦中の物資不足からだそうです。

包装紙を調達できなくなり、仕方なく店に残っていたオレンジ色の紙を使用しました。

ところが終戦後、従来の包装紙に戻そうとしたところ、顧客からこのオレンジ色の印象が強いという意見があり、そのまま継続して使うこととなったのです。

1945年は「四輪馬車と従者」が商標登録された年です。

終戦とともに、エルメスは新しいイメージでスタートとなりました。

 

憧れのエルメスも、シルバーアクセサリーならお手頃な価格で販売しております。

エルメス Hロゴ刻印 シルバーネックレス

レガーロ販売価格¥29,800-

 

マルコウではエルメスをはじめとするブランド品を高価買取致しております。

エルメス、ヴィトン、シャネル、グッチ、プラダ、フェンディ、ボッテガヴェネタ、ゴヤールなどのブランド品がご自宅に眠っていませんか??是非マルコウへお持ちください。

 

ご遠方のお客様は是非宅配買取りをご利用くださいませ。

ライン査定も承ります。

 

福島県、会津若松市、郡山、いわきでのお買取りはマルコウへお任せください。

販売店レガーロではエルメス以外にもブランドバックやお財布、ジュエリー、時計などをお取り扱いしております。

 

お客様のご来店を心よりお待ちしております。

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on Pinterest

2017.08.04

お知らせ

エルメスのケリーバック

エルメスの看板バックの一つであるケリーバックについて、本日はご紹介させて頂きます。

その名前の由来となったのが、モナコ王妃で元女優のグレース・ケリーが妊娠中にとった何気ない行動でした。

それは妊娠中の彼女をマスコミが撮影しようとした時、とっさに手にしていたバックでお腹の膨らみを隠したことでした。

その写真は当時、有名写真雑誌「LIFE」の表紙を飾り、バックは一夜にして世界中の女性の憧れとなったのでした。

 

もともと、ケリーバックは「サック・ア・クロア」という名前で1935年に誕生しました。

グレース・ケリーの妊娠報道後、ケリーバックと呼ばれるようになりました。

当時エルメスの社長であったロベール・デュマがモナコ王室に嘆願したのでした。

そして正式に1956年「ケリー」と命名することができました。

それ以来ケリーバックは世界中の女性たちから愛され続け、憧れのバックの一つとなりました。

 

その有名なケリーバックが、レガーロにございます。

HERMES(エルメス)ケリーバック32㎝ ボックスカーフ黒 ゴールド金具

レガーロ販売価格 ¥498,000‐

 

是非レガーロの店頭にてエルメスのケリーバックをご覧下さい。

 

マルコウではエルメスをはじめとする、ブランドバックを高価買取させて頂いております。

福島県、会津若松、郡山、いわきでのブランドバックの買取りはマルコウへお任せください。

ご遠方のお客様は是非宅配買取りをご利用ください。

ラインでの査定も承ります。

 

販売店レガーロではエルメスやヴィトン、シャネル、グッチ、プラダ、ボッテガヴェネタ、フェンディ、ロエベなどのブランドバックをお取り扱いしております。

是非店頭へお越しください。

 

お客様のご来店を心よりお待ちしております。

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on Pinterest

2017.08.03

お知らせ

☆GUCCI☆

東北も梅雨が明けて、夏らしいお天気になって参りましたね。

学生さん達は夏休みに入ったようで、街中でもお子さんたちをよく見かけるようになりました^-^

そんな真夏にぴったりのバックをご紹介致します。

 

Gucci(グッチ)のソーホー セラリウス ショルダーバック

 

レガーロ販売価格¥99,800‐

真っ白なバックにゴールドのチェーンと同色のタッセルがアクセントになっていて、

とっても素敵なバックです。

是非レガーロの店頭にてご覧ください。

容量もありますので、荷物が多めの方にもおすすめです☆☆☆

 

グッチは、イタリアのフィレンツェに1921年ヴィーニャ・ヌォーバ通りに通りに旅行かばんや馬具を扱う革製品を扱うお店を創業したのが始まりとなります。

創業者グッチオ氏の死後50年後、グッチの息子達に引き継がれた後、一度は相続争いなどで経営が低迷しましたがアラブ投資グループへの売却を経て復活を果たしています。

 

イタリアにはグッチ以外にも、プラダブルガリフェラガモドルチェ&ガッパーナトッズボッテガヴェネタマックスマーラなど名だたる有名ブランドが軒を連ねております。

グッチ以外も後日、こちらにてご紹介させて頂きたいと思います。

 

マルコウではグッチをはじめ、ブランドバックやブランド財布など高価買取致しております。

福島県、会津若松市、郡山、いわきでのブランドバックのお買取りはマルコウへお任せ下さい。

ご遠方のお客様は是非宅配買取りをご利用ください。

ラインでの査定も承ります。

 

販売店レガーロでは、こちら以外にもグッチのバックやお財布、時計、アクセサリー等販売しております。

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on Pinterest

2017.07.27

その他

田中の休日 №4

灼熱の太陽が昇り始めて、夏本番!!

 

と、思いきや・・・暑いのは暑いのですが雨が多くしっとりな夏になってます!

 

天気がいい日はビールをクイッと飲むのが楽しみで(*^_^*)

 

会津地方は盆地なので夏は暑く、冬は寒いので四季を実感できる地域ですね!

 

そんな中、喜多方の知り合いから差し入れを頂きました!!

 

喜多方ラーメンの生麺を頂戴したので、中華料理出身としては麺料理を作ってみました!!

 

前にも出てきましたが麻婆豆腐を麺にのっけるといういたってシンプルな発想!

前回の四川風ではなく広東風の甘めの味付けで、

 

こちらも頂き物の夏野菜の王道!

 

茄子も加えて、豆腐なのか茄子なのかはっきりしない麻婆あんかけ麺の完成です!!

 

もちろんビールと共に(^O^)/

 

食後にお土産でもらったバームクーヘン(イチゴ味)

 

うまし!!

 

甘党にはたまりません♪

 

なんだかんだで身近な方々のご厚意で自分たちの食生活が成り立っていることに感謝ですね~m(__)m

 

食べ過ぎには注意します!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on Pinterest

カテゴリー

アーカイブ